« うらおもてなし | トップページ | エビングハウスの忘却曲線 »

2017年1月24日 (火)

水行

土曜日の夜に給湯器がいかれてしまいました。一番寒いこの時期にやられて身にこたえたのはいうまでもありません。10年働いてくれたのでやむを得ないのかもしれませんが、10年ジャストで壊れるなんて時限装置でもついているのかと疑いたくなります。

エラーコードは140(過熱防止装置、温度ヒューズ作動)なので温度ヒューズ交換で済めばと願いながら、配管カバーを外すと、本体から水が漏れているではありませんか。直感的に温度ヒューズ交換だけでは済まないことがわかりました。

HP上のメーカー(リンナイ)サービスから修理依頼手続きをし、翌朝9時に電話をしました。日曜日はサービスが休みとのことでさらに翌朝を待つことに......

家族を温泉に送り込み、わたしは水行をして給湯器の無事を願いました。

がっ、水行虚しくサービスマンの診断は熱交換器そのものの交換が必要とのこと。作業しづらいところでもあるとのことで8万円ほどかかるらしい。そこまで掛けても他のところに不具合が発生する可能性も高いので新品にされたらと促される。

費用もさることながら、修理も新品交換もすぐにはできないとのことで、これ以上の水行は身を清めるどころか病んでしまいそうだと悩んでいたその時、ふと頭に浮かんだ近くの知り合いというか仲間の業者さんに電話をしてみた。

「それなら、修理にしろ、新品にしろ給湯器が稼働するまで仮の給湯器をつけますよ!」とおっしゃるではありませんか。これほど温かい言葉はございません。暗くなった18時に駆けつけてくださり仮の給湯器をつけてくださいました。

あったかいお湯とこころを届けてくださったサン設備http://www.sun-setubi.com/ の飯田さん、ありがとうございました。m__m

« うらおもてなし | トップページ | エビングハウスの忘却曲線 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196132/64804766

この記事へのトラックバック一覧です: 水行:

« うらおもてなし | トップページ | エビングハウスの忘却曲線 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ