« 近視眼差し7 2017・2・25 | トップページ | 近視眼差し9 2017.2.27 »

2017年2月26日 (日)

近視眼差し8 2017.2.26

今日は朝から夕方まで一級建築士資格学校での講義で、休み時間を挟んで5時間しゃべりっぱなしだった。しかも構造力学の範囲だったこともあり疲労度は半端ない。

新聞社説一覧を読んで書く気になどならないと思ったのだが、7回続けてくると少し習慣化してきて、済ませてないとなんとなく気持ちが悪い。ということで、今日も書きます。
文字ばかりで鬱陶しいというかたはスルーしてくださいね。

・共謀罪のことは結局よくわからない。当の法相がわからないくらですから...
・長周期地震動と建物固有周期の話しを今日の講義でも触れています。南海・東南海・東海地震連動発生の際には2分間も揺れるというから対策は必要だなあ.....
・フランスでもトランプ2号誕生の可能性があるとは.....
・北朝鮮がASEANを利用し裏切った代償は大きく自らの首を絞めることに......
・日本は環境先進国なんかではありませんが、忍耐強いので意外と家庭消費量は欧米よりも少ないらしい。断熱化は避けては通れないが、日本らしいあり方を考える必要もありますね~

------------新聞社説一覧(勝手に要約)------------
朝日新聞
・共謀罪 「テロ対策」が隠すもの
 00年に国連で国際組織犯罪防止条約が採択され、マフィアや暴力団を念頭に、重大犯罪を共謀する行為を犯罪として罰する法律をつくるよう、加盟国に義務づけている。今、国会で問われているのは、人権擁護と治安保持のふたつの価値を、どう調整し両立させるかというかである。イメージに頼らず、流されず、実質に迫る審議を国会に期待したい。
・大阪都構想 実現ありきはだめだ
大阪は経済の低迷に苦しみ、急速な少子高齢化で3大都市圏では最も早く人口減少に直面し、貧困層の増大も深刻だ。住民投票で再び市民の選択を問う前に、知事、市長と議会とで時間をかけ、ほかの選択肢も含めて議論を深めるべきだ。

読売新聞
・長周期地震動 高層ビルの揺れから身を守れ
 長周期地震動の発生が予測される地域について、気象庁が緊急地震速報の中で伝える方針を決めた。国土交通省は昨年、南海トラフ巨大地震に伴う長周期地震動に備えて、太平洋側の11都府県の都市圏を対策地域に指定した。
・著作権料徴収 音楽教室は「聖域」と言えるか
 ピアノなどの音楽教室での楽曲演奏に対して、日本音楽著作権協会(JASRAC)が、来年1月から著作権料を徴収する方針を決めた。音楽教室側は、指導のための演奏は、聞かせることを目的にしたものではなく、既に楽譜代などの著作権料は支払っているとも主張する。音楽文化の発展を願うという点で、意見の相違はあるまい。双方が歩み寄り、折り合える解決策を見いだしてもらいたい。

毎日新聞
・五輪費用の分担 国は何をしているのか
 新国立競技場整備計画やエンブレムの白紙撤回など東京大会は混乱が絶えない。責任の一端は招致活動の先頭に立ってきた国にもある。費用分担の話し合いは東京都、組織委員会、国、自治体の4者協議で行われる。最終的な責任を担う国はもっと前面に出なければならない。
・仏大統領選 不安拭えぬ極右の勢い
 フランス大統領選の立候補受け付けが始まった。有力候補は3人に絞られてきたが、その中で反欧州連合(EU)・反移民を掲げる極右・国民戦線党首のマリーヌ・ルペン候補の勢いが止まらない。
ルペン氏が当選すれば、影響は今秋に総選挙を控えるドイツに波及するだろう。

日経新聞
・賃金が力強く上がる基盤を築こう
 消費は依然として本格的な回復に遠い。このままでは消費を盛り上げて企業の生産活動や設備投資を活発にし、経済全体を元気にするという政府の筋書きも画餅に帰そう。1人あたりで生み出す付加価値がこの20年ほどの間、ほとんど伸びていないことだ。

産経新聞
・ゴーン社長退任 改革こそ経営者の責務だ
 かつてゴーン氏は「日本企業の社員は優秀だ。リーダーがふさわしい資質を身につければ、その企業は生まれ変わることができる」と説いた。改革に踏み切れない経営者にこそ聞かせたい言葉だ。
・北とASEAN 友好から圧力へ転換せよ
 北朝鮮はASEAN諸国の国境管理の甘さを突き、外貨調達のために合法、非合法の経済活動をしている。工作活動の拠点も置いているようだ。国連安全保障理事会の対北制裁の「抜け穴」になっていることもかねて指摘される。

東京新聞
・週のはじめに考える もう“先進国”じゃない
「日本は環境先進国だという意識は捨てましょう」
欧州から見ると、そうなります。温暖化に対する危機感を共有できていないのです。日本が先頭を走っていたのはかつての省エネ時代。今はもう、パリ協定の時代です。

« 近視眼差し7 2017・2・25 | トップページ | 近視眼差し9 2017.2.27 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196132/64944301

この記事へのトラックバック一覧です: 近視眼差し8 2017.2.26:

« 近視眼差し7 2017・2・25 | トップページ | 近視眼差し9 2017.2.27 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ