« 想定外を想定内だと思ったら勝ち | トップページ | 未来圏の風を起こせ »

2017年6月 8日 (木)

言葉はそれ単体では…

京都のある染色家は、春先の桜の樹皮を顔料にするという。春先に桜は、幹も樹液も身体全体を紅潮させて春を愛でるという。美しい花びらの桜色はその一端の現れだという。

事実は目に見えて現れるもの以上に隠れた真実に裏付けられている。

息子の中学校の国語の教科書では、言葉はその語彙だけでいみを持つのでなく、その人の全人格や背景があって意味を持つといっている。

嬉しそうに国語の教科書を読み聞かせてくれる息子に、ヘェ〜〜っ、今時の教科書はカッケーこというなぁ〜^^!と頷いた‼︎

« 想定外を想定内だと思ったら勝ち | トップページ | 未来圏の風を起こせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196132/65387050

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉はそれ単体では…:

« 想定外を想定内だと思ったら勝ち | トップページ | 未来圏の風を起こせ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ